NHKで紹介の安心の特許システム ジュエリー工房 夢仕立
ホーム宝石に恋して〜夢仕立のジュエリーコラム|英国宝石学協会公認工房 夢仕立

思い出の婚約指輪をおしゃれに生まれ変わらせる方法|英国宝石学協会公認工房 夢仕立

思い出の婚約指輪をおしゃれに生まれ変わらせる方法

公開日:2016年09月6日

箱に入っている婚約指輪



多くの女性にとって、婚約指輪は特別な思い入れのあるジュエリー。プロポーズされた時、指輪を贈られた時、初めて指にはめた時……パートナーとのさまざまな思い出が詰まった大切な指輪だと思います。しかし、そんな大切な婚約指輪を身につける機会があまりないという女性も多いようです。

もしもタンスの奥に眠っている婚約指輪をお持ちなら、もっと普段から身につけられるように生まれ変わらせてみませんか?





8割以上の女性が「普段、婚約指輪を身につけない」



既婚女性を対象に行ったアンケートによれば、「普段、婚約指輪をつけていますか?」という質問に対して「つけていない」と回答した方が83.6%を占めました。(マイナビ調べ)


婚約指輪をつけない理由として最も多かったのは、「キズがつかないようしまっておきたいから(58.1%)」というもの。さらに「デザイン的に普段使いには向かないと思うから(37.8%)」「婚約指輪は婚約期間につけるものだと思うだから(11.5%)」と続きます。中には「サイズが合わなくなったから」という声も……。


もちろん、普段から身につけなくても冠婚葬祭など特別なときに身につけるという方も多いとは思いますが、機会がなくて「タンスの肥やし」状態という方も少なくないようです。キズをつけたくないという気持ちはもちろんわかりますが、だからといってしまいっぱなしで日の目を見ないのもさみしいものです。

ダイアモンドのネックレスをつけた女性

思い出の婚約指輪を普段から身に付けませんか?



もしもタンスの中にしまいっぱなしで、もう何年も身につけてすらいないという婚約指輪をお持ちなら、普段使いやすいジュエリーにリフォームしてみてはいかがでしょうか?


例えば、指輪からネックレスへのリフォーム。普段のちょっとしたお出かけなどさまざまな場面で身につけることができて、思い出のダイヤの輝きを楽しむ機会が増えること間違いなしです。ネックレスなら、指輪のようにサイズが合わなくなる心配もありません。


指輪のままで、デザインを現代風に変える方法もあります。以前は婚約指輪と言えば、立て爪のソリティアが主流でした。それはそれで「いかにも婚約指輪!」という感じで素敵ですが、高さがあるため引っ掛けやすく、なかなか普段使いづらいのが難点です。また、「デザインが古い感じがして合わせにくい」という方もいるでしょう。


例えば立て爪なしのソリティアにすれば、高さや引っ掛かりを抑えて日常的に身につけやすくすることができます。

ダイヤやほかの石を少し足してメレやパヴェ、エタニティやハーフエタニティなどイマドキの人気デザインに生まれ変わらせたりするのもおすすめです。


このほかにも、ピアスやイヤリング、ブレスレットなどにリメイクするというアイデアもあります。


婚約指輪自体がなくなってしまうのがさみしいと思われる方もいるかもしれませんが、一生、身につけることもなくタンスにしまいっぱなしの婚約指輪より、いつでも身につけていられるジュエリーとしてよみがえらせるほうが本当に大切なものとして扱っているとは思いませんか?


タンスの奥で眠っている婚約指輪があるという方は、ぜひ一度リフォームを検討なさってみることをおすすめします。

夢仕立恵比寿三越店 情報

住所:東京都渋谷区恵比寿4-20-7 恵比寿三越1階 夢仕立
電話:03-6450-2550

マップ:




■宝石に恋して〜夢仕立のジュエリーコラム一覧■

夢仕立はお客様のご予算に合わせた提案を第一に考えます。

豪華で素晴らしいデザインでも、お客様のご予算とかけ離れていては作る事は出来ません。
ご予算どおりでも、お客様のイメージとは違うジュエリーでは全く意味はありません。
「夢仕立」のジュエリーリフォームは、品質は落とさずに代金を抑える様々な方法があります。
あらゆる方法にて、ご予算とイメージにご満足頂けるご提案を致します。

お客様のイメージする「こういうジュエリーが欲しい」というお話を、お聞かせ下さい。

お電話でのご相談

TEL 03-6263-0300

TEL 03-6263-0300

メールでのご相談

ご来店でのご相談

夢仕立フェア