英国宝石学協会公認ジュエリー工房 夢仕立
ホーム宝石に恋して〜夢仕立のジュエリーコラム|英国宝石学協会公認工房 夢仕立

ダイヤ以外にも種類がある? 婚約指輪の宝石選び|英国宝石学協会公認工房 夢仕立

ダイヤ以外にも種類がある? 婚約指輪の宝石選び

公開日:2016年09月11日

箱に入った婚約指輪を女性に渡す男性



現在の婚約指輪に用いられる宝石は、ダイヤモンドが主流です。 もちろんダイヤの指輪も魅力的ですが、最近ではダイヤにこだわらずほかの宝石を婚約指輪に選ぶ人も増えてきているようです。 そもそも、婚約指輪にダイヤが選ばれるのはなぜなのでしょうか? そして、ダイヤ以外の宝石を婚約指輪に選ぶメリットとは? 婚約指輪の宝石選びについてお伝えします。





婚約指輪にダイヤが選ばれるようになったのはなぜ?



婚約指輪の起源は古代ギリシア時代にまでさかのぼると言われていますが、日本での歴史は意外と浅く、日本で婚約に際して指輪を贈る習慣が一般化したのは1960年代のことでした。その当時は現在のようにダイヤの指輪が主流というわけではなく、誕生石や真珠などの指輪を贈る人が多かったようです。

その後、1970年代に「給料の3ヵ月分」というフレーズのテレビCMが有名になった影響もあり、次第にダイヤの指輪が婚約指輪に選ばれることが増え、1980年代には婚約指輪を贈る人のおよそ7割がダイヤの指輪を選ぶようになったのです。

もちろん、婚約指輪にダイヤが選ばれる理由はCMの影響だけではありません。ダイヤモンドは非常に硬質で傷がつきにくい宝石。そこに「二人の絆がかたく結ばれ、永遠に輝き続けるように」という意味を込めてダイヤを選ぶカップルも多いでしょう。





ダイヤ以外の婚約指輪も再び注目されている



先述の通り、婚約指輪と言えばダイヤの指輪が主流ですが、昨今ではダイヤ以外の宝石を婚約指輪に選ぶ人も増えてきています。

ダイヤ以外の宝石の婚約指輪には、ほかの人たちとは一風変わった「自分たちらしさ」を表現できるという魅力があります。

高価なダイヤモンドに比べ、ほかの宝石を選んだ場合は同じ予算でかなりゴージャスで高品質な指輪を購入できるのもメリットだと言えるでしょう。






受け継いだ宝石を婚約指輪に!



サファイアの指輪

また、受け継いだルビーやサファイア、誕生石などを婚約指輪にするのも素敵なアイデアです。


欧米の結婚にまつわる言い伝え「サムシングフォー」は、最近日本でもおなじみになってきました。花嫁が身につけると幸せになれるとされる4つのうち1つに「サムシングオールド(なにか古いもの)」があります。欧米では、自分や夫の祖母や母から受け継がれた指輪を花嫁が身につけるという風習があるのです。


最近では、2011年に英国のウィリアム王子がキャサリン妃に贈った婚約指輪が話題になりました。大粒のブルーサファイアの周りをダイヤモンドで囲んだこの指輪は、ウィリアム王子の母、故ダイアナ妃にチャールズ皇太子が贈ったものでした。親から子へと受け継ぐ形で贈られたのです。


ジュエリーの歴史が長いヨーロッパでは、このほかにも家柄によって受け継がれたアンティークジュエリーを婚約指輪として使用するケースが多く見られます。そのたびに現代風なデザインに若干のアレンジしたり修理を行ったりしています。


祖母や母などから受け継いだ宝石がある方は、ダイヤにこだわらずその宝石を婚約指輪にしてみてはいかがでしょうか。






夢仕立恵比寿三越店 情報

住所:東京都渋谷区 4丁目20−7 恵比寿三越 1 階
電話:03-6450-2550

マップ:




■宝石に恋して〜夢仕立のジュエリーコラム一覧■

夢仕立はお客様のご予算に合わせた提案を第一に考えます。

豪華で素晴らしいデザインでも、お客様のご予算とかけ離れていては作る事は出来ません。
ご予算どおりでも、お客様のイメージとは違うジュエリーでは全く意味はありません。
「夢仕立」のジュエリーリフォームは、品質は落とさずに代金を抑える様々な方法があります。
あらゆる方法にて、ご予算とイメージにご満足頂けるご提案を致します。

お客様のイメージする「こういうジュエリーが欲しい」というお話を、お聞かせ下さい。

お電話でのご相談

TEL 03-6263-0300

TEL 03-6263-0300

メールでのご相談

ご来店でのご相談

夢仕立フェア