英国宝石学協会公認ジュエリー工房 夢仕立
ホーム宝石に恋して〜夢仕立のジュエリーコラム|英国宝石学協会公認工房 夢仕立

ダイヤモンドが描く永遠の愛「エタニティリング」の魅力|英国宝石学協会公認工房 夢仕立

ダイヤモンドが描く永遠の愛「エタニティリング」の魅力

公開日:2016年10月11日

2つの婚約指輪



ダイヤモンドをふんだんにあしらった「エタニティリング」は、女性の憧れです。

これまでは結婚記念日等の節目に贈られるジュエリーというイメージがありましたが、最近では結婚指輪や婚約指輪に選ぶ方も増えてきています。

今回は、「永遠の愛」の象徴とも言われるエタニティリングの種類や特徴をご紹介いたします。




エタニティリングとは



エタニティリングは、リングのにぐるりと一周ダイヤモンドがあしらわれた指輪です。

ダイヤモンドが途切れることなく並んでいることから、「永遠」を意味するエタニティの名が冠されました。

前述のように、夫から妻への変わらぬ愛を伝えるため、結婚10周年のお祝いや子どもが生まれた記念日に贈られることが多いジュエリーです。

また現在は、ゴージャスで使いやすい婚約指輪、または豪華な結婚指輪としても選ばれるようになってきました。

エタニティリングのダイヤモンドの留め方にはいくつかのタイプがあり、それによって印象が大きく変化します。主な留め方は以下の3つです。



・共有爪留め


1本の爪で隣接する2つのダイヤを固定する方法です。

爪の数が少ない分地金部分も少なく、ダイヤモンドの存在感が際立ちます。


・4点爪留め


1つのダイヤモンドを4本の爪で固定する方法です。

ダイヤモンドがしっかりと固定されるため、安定感があります。




・レール留め


ダイヤモンドを両サイドのレールで挟んで固定する方法です。

上記の2つと違って爪を使っておらず、地金の部分が多くなるため、落ち着いたシンプルな仕上がりになります。




留め方によって強度に差があるため、使いたい場面に合わせて選ぶことが大切です。

ダイヤモンドの輝きを最大限引き出したい方は共有爪留めや4本爪留め、普段使いしたい方はレール留めがお勧めです。



「フル」と「ハーフ」


先ほど使いたい場面によって留め方を選ぶことをお勧めしましたが、やはりそのデザイン上、エタニティリングは他のリングと比べるとどうしても強度が劣ってしまいます。 そこでお勧めなのが、全周ではなく、半周から2/3程度にダイヤモンドがあしらわれた「ハーフエタニティ」です。 通常のエタニティリング(フルエタニティ)よりも地金部分が多い分、変形や歪みの心配が少なくなります。また、フルエタニティに比べて、サイズ直しが簡単というのもメリットの一つです。 なるべく普段使いしたいという方は、フルエタニティだけではなく、ハーフエタニティも候補に入れて検討してみると良いかもしれません。

ダイアモンドジュエリーが埋め込まれたリング


留め方や地金の素材によってダイヤモンドの輝き方も変わるため、ぜひ自分にピッタリのエタニティリングを探してみてください。

また、はめる指によっても大きく印象は変化するものです。立て爪の婚約指輪と重ねて薬指にはめればゴージャスに、ピンキーリングとして小指にはめれば繊細に手元を彩ってくれます。

記念日やお祝い事に、ぜひエタニティリングを選んでみてください。



夢仕立恵比寿三越店 情報

住所:東京都渋谷区 4丁目20−7 恵比寿三越 1 階
電話:03-6450-2550

マップ:




■宝石に恋して〜夢仕立のジュエリーコラム一覧■

夢仕立はお客様のご予算に合わせた提案を第一に考えます。

豪華で素晴らしいデザインでも、お客様のご予算とかけ離れていては作る事は出来ません。
ご予算どおりでも、お客様のイメージとは違うジュエリーでは全く意味はありません。
「夢仕立」のジュエリーリフォームは、品質は落とさずに代金を抑える様々な方法があります。
あらゆる方法にて、ご予算とイメージにご満足頂けるご提案を致します。

お客様のイメージする「こういうジュエリーが欲しい」というお話を、お聞かせ下さい。

お電話でのご相談

TEL 03-6263-0300

TEL:03-6263-0300

メールでのご相談

ご来店でのご相談

夢仕立フェア