英国宝石学協会公認ジュエリー工房 夢仕立
ホームジュエリーのリフォームダイヤモンドリングのリフォーム

ダイヤモンドリングのリフォーム

ジュエリーリフォームのご相談の中でもっとも多いご相談はダイヤモンドのリフォームです。
結婚指輪や婚約指輪に使用される事も多く、もっとも人気のある宝石であるダイヤモンド。デザインが古くなってしまったり、お母様から譲り受けた指輪のデザインを自分好みにリフォームしたいと言うお客様は大変多いです。今回はそんなダイヤモンドのリフォームについて実例を元に紹介していきます。

立て爪ダイヤモンドリングのリフォーム 実例

立爪リング リフォーム前

Before

立爪リング リフォーム後

After

立て爪のダイヤモンドは、リフォームをご相談される中でも最も多いジュエリーです。

一時は付けていたものの、もう付けなくなってしまったもの、お好みに合わせて様々なデザインに生まれ変わらせることができますので、ぜひお気軽にご相談下さいませ。


1カラット以上の大粒ダイヤモンドのリフォーム 実例

1.3Ctの裸石(ルース)とPt台のダイヤモンド一文字リング リフォーム前

Before

1.3ctのダイヤモンドの輝きが引き立つデザイン リフォーム後

After

1カラット以上のダイヤモンドを預けるのは心配?

夢仕立では、英国宝石学協会の宝石学に基づき、その宝石にあった撮影方法にて画像の特徴を捉えます。 撮影した画像はデータにて保管するだけでなく、お客様の書類のお控えと工房の控えに全てその場で添付いたします。 さらに、ご希望のお客様には第三者宝石鑑別機関にてお預かりの際と出来上がった後の記録と鑑別書を発行し、お渡しいたしておりますので、宝石の入れ違いやすり替わりなどについて、安心していただくことができます。


婚約指輪のリフォーム

婚約ダイヤモンド立爪リング リフォーム前

Before

婚約ダイヤモンド立爪リング リフォーム後

After

思い出のある婚約指輪をリフォームして新しいデザインに

立て爪の婚約指輪は爪が引っかかってしまうことと、いかにも婚約指輪という雰囲気がするため、年が経つにつれて使用しにくくなってしまう傾向があり、ジュエリーリフォームのご相談の中でも最も多いご相談です。一時は付けていたものの、もう付けなくなってしまったもの、お好みに合わせて様々なデザインに生まれ変わらせることができます。


形見のダイヤモンドリングを結婚指輪にリフォーム

お祖父様の形見のリング リフォーム前

Before

ご結婚指輪 リフォーム後

After

地金を溶かして製作したジュエリーリフォーム実例

通常、ジュエリーリフォームの際には特別なお申出がない限りは、そのまま地金を使用せず、下取りとして価格から相場に合わせてお値引きいたします。 これは溶かした地金で製品を製作すると、新しい地金で製作するよりも耐久性が若干落ちてしまうためです。 地金を精製して新しく製作する場合は地金に空気が入り込まないように作りますが、1点ずつ溶かして製作する場合は溶かして固める過程を全て工房にて行わなければならないため、空気が入ってしまいます。 ある程度は鍛金によって気泡痕を潰すことができますが、それでも精製した地金よりは耐久性が低くなります。


石が落ちにくいセッティングのダイヤモンドリングにリフォーム

0.3ctのダイヤモンドの立爪リング リフォーム前

Before

0.3ctのダイヤモンドの立爪リング リフォーム後

After

ダイヤモンドが取れないセッティング

昔ながらの立爪で使いにくいので、引っかかりにくい普段使いやすいデザインにしたいとのご希望です。せっかくのダイヤモンドですが、今まではとても使いにくくてほとんど着けたことも無いそうです。 ジュエリーリフォーム後は普段からも使いたいとのご要望でしたのでダイヤモンドが取れないセッティングにジュエリーリフォーム致しました。




ダイヤモンドリングのリフォーム

デザイン画

Before

高品質のダイヤモンドリング

After

前々から思い描いていたデザインのリングにオーダーメイドリフォーム

高品質のダイヤモンドをご購入なさったそうで、前々から思い描いていたデザインのリングにオーダーメイドでジュエリーリフォームなさりたいというご依頼を頂きました。 理想の形に近づくまで何度もデザイン画を微調整して描き直しながら微調整して、デザインが決定しました。 製作の過程でもお客様の理想を追求するために細部まで細かい技法を使いながら仕上げていきました。 【事例:AD334A】


祖母から譲り受けたリング リフォーム前

Before

祖母から譲り受けたリング リフォーム後

After

祖母から譲り受けたリングをリフォーム

東京都のM様。ダイヤモンドリングのリフォームのご依頼です。お持ちになったお品物はお祖母様から以前譲られたリングだそうです。ご来店頂いたお嬢様は雑誌の切り抜きをご持参で、お気に入りのデザインで作りたいというご希望を頂きました。お持ちいただいたデザインはひまわりをオメージしたデザインで、いかにもお嬢様にお似合いのデザインだと思いました。そのデザインをベースに実寸大のデザイン画を作成して、細部もバランスが良い様にデザインを致しました。お嬢様に感激を頂きましたのがとても印象的でした。 【事例:240906G】


18金のダイヤモンドファッションリング リフォーム前

Before

一粒のシンプルリング リフォーム後

After

18金のダイヤモンドファッションリングを一粒のシンプルリングにリフォーム

何か理由がおありのようで、気に成りお聞きしたところ、亡くなった息子さんのものでした。毎日でも使えるよう引っ掛かりの無いデザインで、2面留めでしっかり留めました。メレーダイヤは娘さん用として残しておきたいとのことでした。 【事例:223】


ダイヤモンドの箱爪リング リフォーム前

Before

ダイヤモンドの箱爪リング リフォーム後

After

ダイヤモンドの箱爪リングを今風にジュエリーリフォーム

東京のK様。ダイヤモンドの箱爪リングを今風のダイヤモンドリングにリフォームです。 ダイヤモンドは0.2Ctと多少小さいため、脇に小粒のメレーダイヤモンドを配して、全体としての大きさを出したデザインになりました。 【事例:AN720】


色々なサイズのダイヤモンド リフォーム前

Before

色々なサイズのダイヤモンドを使用したエタニティリング リフォーム後

After

色々なサイズのダイヤモンドを使用したエタニティリングへのジュエリーリフォーム

東京都のK様。色々なサイズのダイヤモンドを使ったエタニティリングのご注文です。 エタニティリングは当工房の得意とする加工の一つですが、単純なだけにごまかしがききません。 すべての石の縦横サイズを測定し、位置決めをキチンとしませんと、 石同士が中で当たったり、爪がかからなくなったりと綺麗な商品になりません。 今回の様に3方向石をセットする場合はなおさらです。 石留めも、チョコ留め、叩き込み、皿付け等異なる技法を駆使して行いました。 表面はツルツルで引っかかりは全くありません。お客様も指にはめられ驚嘆されておられました。 難しい加工は職人も楽しみです。ありがとうございます。 【事例:AN667】


ダイヤモンドリング

トリリアントのダイヤモンドのジュエリーリフォーム

東京都のM様。トリリアントのダイヤモンド2石とラウンドのダイヤモンド1石をお持ちになり、リング加工のご注文です。 トリリアントの石に合うよう腕の幅が制約を受けますので、 そのリングの幅をなるべく目立たせないように肩を落としました。そこにメレダイヤモンドを彫り留でセットしました。 【事例:206】


ダイヤモンドの配置を変えたシンプルリング

ダイヤモンドの配置を変えたシンプルリング

東京都のN様。ダイヤモンドファッションリングを色々お持ちになり、ダイヤモンドの配置を変えたシンプルリングとのご希望です。 拝見させていただいたところ長年お使いになったため、欠けている石も多く、綺麗な石だけを選び出し、二文字のファッションリングをご提案させていただきました。 地金はお客様のご希望でピンクゴールドにいたしました。 【事例:211】


ハーフエタニティリングのようなスッキリしたデザインリング

ハーフエタニティリングのようなスッキリしたデザインリング

東京都のG様。ダイヤモンド一文字リングとダイヤモンドファッションリングをお持ちになり、全部使ってハーフエタニティリングのようなスッキリしたデザインリングにして欲しいとのご要望です。 幸い綺麗なダイヤモンドでしたし、大きさも揃っておりましたのでストレート3ラインのダイヤモンドリングへのジュエリーリフォームをご提案させていただきました。 爪の部分はお客様ご要望を入れて、こだわりのピンクゴールドにしてあります。【事例:214】


ダイヤモンドファッションリング リフォーム前

Before

ハートシェイプの存在感のあるカジュアルダイヤモンドリング リフォーム後

After

ハートシェイプの存在感のあるカジュアルダイヤモンドリング

横浜からお越しのS様。ハートシェイプの存在感のあるカジュアルダイヤモンドリングとダイヤモンドファッションリングをお持ちになり、全部使ってフルリング(全周リング)を造りたいとのとのご要望です。 フルリングは当工房の得意とするところ。石の厚さ、幅などからリングの厚み、幅をお割り出し、重すぎないよう、中を適宜抜き、バランスよく作ります。もちろん石留は表面に引っ掛かりを出さないよう最新の注意で行います。 【事例:216】


マーキースの一文字リング リフォーム前

マーキースの一文字リングのリフォーム

横浜からお越しのS様。以前当工房でリフォームされた時ご返却したマーキスのダイヤモンドルースでなにかお作りになりたいとお越しになりました。 色々な案がございましたが最終的に、石の大きさがほとんど揃っておりますので、マーキースの一文字リングのリフォームに決定いたしました。スッキリとしてしかも存在感のあるデザインになりました。 【事例:218】


ダイヤのリング リフォーム前

Before

ミル打ちデザインのカジュアルリング リフォーム後

After

ミル打ちデザインのカジュアルリングへジュエリーリフォーム

神奈川県のT様。ダイヤモンドのリングをおもちになり、ミル打ちデザインのカジュアルリングへジュエリーリフォームしてほしいとのご注文です。 加工といたしましては難しくありませんが、なんともデザイン性に欠けるような気がいたしましたので、サイドにミルをうつデザインをご提案させていただきました。 【事例:225】


ダイヤモンドのペンダント リフォーム前

Before

ダイヤのリング リフォーム後

After

ダイヤモンドのペンダントをそのままのデザインで指輪にリフォームしたい

神奈川県川崎市からお越しのK様。ダイヤモンドのペンダントをお持ちになりました。 気に入ったデザインなので、くずさずにそのままリングにできませんか?とのご相談です。 このような元枠利用のご希望も沢山承ります。一見簡単におもわれがちですが色々問題の多いのがこの加工です。 リングとペンダントでは石座の部分の造りがまるでちがうため、その部分の取り合わせをしっくりさせるのがなかなか面倒なのです。 今回のご注文は、縦使いではなく、横使いがご希望ですのでなおさらでした。 これで精一杯ですが、お客さまには喜んでいただけました。 【事例:AY480】


ご主人の形見のリング リフォーム前

Before

ご主人の形見のリング リフォーム後

After

ご主人の形見のリングをリフォーム

横浜市からお越しのS様です。ご主人の思い出のリングをお持ちになました。形見の品なので形はかえたくないが、このままでは地味なのでなんとかなりませんか?とのことです。 派手にするにはダイヤモンドを入れる方法がありますのでそれをご提案いたしました。バランスのよい数を探るため幾つかデザインを興してこのデザインにきまりました。どの位置からでもダイヤモンドがみえるフルリングです。指に当たらないよう石は彫留めで留めました。 【事例:AY487】


ダイヤモンドのペンダント リフォーム前

Before

すっきりとした指輪 リフォーム後

After

ダイヤモンドのペンダントを使ってすっきりとした指輪にリフォーム

東京都のH様。若い頃愛用していたダイヤモンドのペンダントを全部使ってダイヤモンドリングにしたいとお越しになられました。 取り巻きのデザインや豪華な感じではなく、スッキリとしたデザインにされたいとのことでしたのでセンターの石を少し沈め、腕幅を広く作り、そこにペンダントの取り巻きのダイヤモンドを利用しました。 【事例:22362G】


ダイヤモンドの裸石(ルース) リフォーム前

Before

大きさの異なる2pcのダイヤを使用したツインストーンリング リフォーム後

After

大きさの異なる2pcのダイヤを使用したツインストーンリング

千葉県にお住まいのI様。お持込の裸石(ルース)でオーダーメイドリフォームのご依頼です。 少し大きさが違う為、ピアスやイヤリングなどでは違いが大きさの違いが目立ったしまうかもしれないと心配されておられましたので、2pcを使用したツインストーンリングをご提案させて頂きました。 お持込のときにはct数がわからなかったのですが、こちらでct数をお調べしてリング内側にをれぞれの刻印を打ちました。 【事例:22452G】


様々な大きさのダイヤモンド リフォーム前

Before

様々な大きさのダイヤモンドを使用した指輪 リフォーム後

After

様々な大きさのダイヤモンドを使用した指輪へリフォーム

東京都のK様。色々な大きさのダイヤモンドルースです。 以前当社でリフォームして頂いた折、お返ししたダイヤモンドです。 なるべく沢山使ってオリジナリティーのあるリングを作って欲しいとのご希望です。 色々ご提案させていただいた中からこのデザインをお決めいただきました 【事例:231143G】


ダイヤモンドのネクタイピン リフォーム前

Before

ダイヤモンドの指輪 リフォーム後

After

お父様のダイヤモンドのネクタイピンを指輪にリフォーム

東京都のK様。お父様のダイヤモンドのネクタイピンをリングにしたいというご希望で、お越しになられました。 ダイヤモンドのネクタイピンは約0.5Ctと大粒です。普段にもずっと着けていたいので、「動きのあるデザインでさらに、出っ張らない、引っかからない」ようにしたい、というご相談をお伺い致しました。 腕を少しひねりアクセントを付けて、2面留めでしっかりと留めるこのデザインをご提案させて頂きました。 【事例:240768G】


ダイヤモンドリング リフォーム前

Before

ダイヤモンドリング リフォーム後

After

成人のお祝いにウェーブをモチーフにしたリングにリフォーム

埼玉県からお越しのM様。親子でご来店下さいました。 お母様からダイヤモンドリングをプレゼントされて、成人のお祝いに好きなデザインのリングに加工することをすすめられて、夢仕立へお越しになられたそうです。 雑誌を沢山ご持参されて、いろいろなご希望を伺いました。決定したデザインは、リングの腕に動きのあるすてきなデザインです。 石は2面留で留めていますので、引っかからない丈夫な構造になっています。 【事例:240814G】


K18月形甲丸のダイヤモンドリング リフォーム前

Before

ダイヤモンドリング リフォーム後

After

メレダイヤのラインを強調したリングへリフォーム

静岡県からお越しのMさま。お持ちになられたのはK18月形甲丸のダイヤモンドリングです。 石のセットされている所はそのままにして、リングの腕の幅を石の幅ギリギリまで細くして欲しいというご相談をお受け致しました。 一見簡単そうなお申し出ですが実はそれほど簡単ではなく、丁寧な仕上げを行わないとリングの形状が整わずにバランスが悪くなってしまいます。 慎重に加工を致しまして、きれいに仕上がりました。 【事例:】


Pt・0.4ctのセンターダイヤモンド、サイドの取り巻きメレtotal0.25ctのダイヤモンドファッションリング リフォーム前

Before

スッキリとしたデザインのファッションリング リフォーム後

After

メレダイヤを使用したスッキリとしたデザインにリフォーム

伊那市からお越しのE様。Pt・0.4ctのセンターダイヤモンド、サイドの取り巻きメレtotal0.25ctのダイヤモンドファッションリングをお持ちになり、スッキリとしたデザインのファッションリングにリフォームしたいというご希望をいただきました。 なるべく全ての宝石を使用するようなデザインを色々をご提案させていたしました。 最終的にこのデザインに決定いたしましたが、出来上りもきれいに出来て大変お喜び頂きました。 【事例:240862G】


プラチナとK18のコンビのダイヤモンドリング リフォーム前

Before

エタイティリング リフォーム後

After

プラチナとK18のコンビのダイヤモンドリングをエタイティリングへリフォーム

埼玉県からお越しのS様。以前は、気に入っていて常につけていたのですが、久しぶりにまたつけようとしたら今の自分に合わないのでリフォームをお願いしにまいりましたとのことです。 できれば材料を全部使って豪華ですが普段にも使えるリングにしたいとのご希望ですので、エタニティーリングをお勧めいたしました。 思ってもいないデザインにお客様はビックリ!最初は豪華すぎるのでは?との懸念も持たれたのですが、過去にリフォームした写真をお見せしましたところご納得されました。納品させていただいた時の感激の様子が忘れられません。 【事例:250713G】


プラチナの平打ちリング リフォーム前

Before

メレダイヤモンドを入れて綺麗に加工したリング リフォーム後

After

プラチナの平打ちリングにダイヤモンドを入れたい

板橋区からお越しのM様はプラチナの平打ちリングをお持ちになられました。長年はめっぱなしでキズだらけ。 この際、小さなダイヤモンドを入れて綺麗にしたいとお越しになられました。 拝見したところ表面ははしかにキズだらけですが、造りはシッカリしています。 幅と厚みを測定してセット可能なダイヤモンドの大きさをはじき出してご説明いたしました。 金額は個数によって異なりますので、ご予算とご相談の上、写真のような具合に加工いたしました。 予算どうりで希望のデザインが出来たと大喜びされておられました。 【事例:250898G】


プラチナの約0.6ctのダイヤモンド一文字リング リフォーム前

Before

プラチナの約0.6ctのダイヤモンド一文字リング リフォーム後

After

爪が引っかからないデザインの一文字リング

つくば市からお越しのJ様です。プラチナの約0.6ctのダイヤモンド一文字リングのリフォームです。 一文字リングは大好きでいつも使っているのですが、最近よく引っかかる用になってきたので、思い切って新しい引っかからない一文字リングにリフォームしたいとのご希望です。 ひところは大変人気の高かったデザインですが、爪留めのやはり引っかかりやすいのです。 そこで今回は腰を低くした構造にし、さらにレール留めにして引っかからないようにいたしました。 【事例:250975G】


海外ブランドのダイヤモンドファッションリング リフォーム前

Before

フルエタニティーリング リフォーム後

After

海外ブランドのダイヤモンドファッションリングをフルエタニティーリングにリフォーム

浦安市のH様です。海外ブランドのダイヤモンドファッションリングをお持ちになられました。 フルエタニティーリング(フルリング)を造りたいとのご希望です。 フルリングの造り方には色々ありますが、今回はダイヤモンドがきれいに揃っておりますし、 高品質でしたので、地金をたっぷり使い、埋め込みタイフで爪留めを採用いたしました。 さらに最終仕上げで魚子(ナナコ)鏨を使い、爪の表面まできれいに丸くする作業を致しました。 手で触ってもまったく引っ掛かりがありません。 【事例:260004G】


プラチナのダイヤモンドリング リフォーム前

Before

プラチナのダイヤモンドリング リフォーム後

After

「マグノリア(木蓮)」というプラチナのダイヤモンドリング

プラチナのダイヤモンドリングをお持ちになりました。 ものすごく気に入っているデザインなのですが、ヘッドのデサインを活かしてリフォーム出来ませんか?とのご相談です。 拝見いたしましてビックリです。40年ほど前、私がデザインした花弁の中に爪を隠した「マグノリア(木蓮)」というリングだったのです。 木蓮は香りが良く花弁が印象的な花で画家の母が描いているのをヒントにデザインしたリングです。 色々お話をさせていただき、大きなマグノリアの花弁をイメージして、腕も花弁のイメージに致しました。 私のデザインを気に入っていただき大感激です。お客様もビックリ!!二人で話しがつきませんでした。 【事例:270239G】


ダイヤモンドのプチペンダント リフォーム前

Before

ダイヤモンドの指輪 リフォーム後

After

ダイヤモンドのプチペンダントを指輪にリフォーム

ダイヤモンドのプチペンダントをお持ちになりました。若い頃購入して、十分楽しんだので、今度はリングが良いかなと思って相談に来ましたとのことです。 拝見いたしますと小粒ですがペンダント用には勿体無い程綺麗なダイヤモンドです。 裸石から造った物とか?納得です。長く楽しめるデザインが欲しいとのご希望ですので、このデザインに決まりました。 これでまた楽しめますと喜んでいただけました。 【事例:270260G】


イヤリング リフォーム前

Before

イヤリングのデザインを活かしたリング リフォーム後

After

イヤリングのデザインを活かしたリングへリフォーム

コンビのダイヤモンドイヤリングをお持ちになりました。 今ではイヤリングをあまり使わないのですが、デザインは気に入っているので、リングにリフォームできませんか?とのご相談です。 なるほどステキなイヤリングです。デザインを生かしてリングにしたいご希望はよく理解できます。 問題は接合面2箇所が違和感無く、連続性のあるデザインをどうすれば実現できるか?です。 その場でのご返答は出来ませんでしたので、工房でじっくり検討させていただき、多少割高になりますが彫金を施す方法で加工をお受けいたすことになりました。 【事例:270263G】


プラチナのダイヤモンド一文字リングとマーキーズカットのダイヤモンドリング リフォーム前

Before

ダイヤモンドリング リフォーム後

After

プラチナのダイヤモンド一文字リングとマーキーズカットのダイヤモンドリングを一本のリングにリフォーム

想い出のあるリングなのでマーキーズカットのダイヤモンドをセンターにして新たにデザインしたいとのご希望です。 このように複数個のリングを1本にまとめてほしいと言うお申し出は少なくありませんが、今回の場合はマーキーズカットのダイヤモンドを縦使いにセットしてほしいとのご希望です。

さらにメレーダイヤモンドも全て利用したいとのご希望です。 マーキーズカットのダイヤモンドは一般には袋爪で2点で留めますが、緩みを防ぐためにサイドに飾り爪を配置することにしました。

また、マーキーズはどうしても多少硬い感じになります。そこで周りを優しくメレーで取り巻くデザインをご提案させていただきました。 腕の感じと取り巻きのバランスを変えたデザインを幾つかご提案させて頂きました。 一見簡単そうに思われがちですが、高価なマーキーズカットダイヤモンドです。最適なバランスを探るのに多少時間が掛かりました。 お客様も大満足で、時間をかけて造って頂き本当にありがとうございますと感謝のおことばを頂きました。 【事例:270286G】


プラチナの甲丸リング リフォーム前

Before

プラチナの甲丸リング リフォーム後

After

ダイヤモンドが大きく見えるような加工

プラチナの甲丸リングをおもちになりました。知らない内にキズだらけで、しかも変形してしまったので、直して欲しいとのご要望です。 ついでに余っていたメレーダイヤモンドも使って欲しいとのことです。 ダイヤモンドの大きさと甲丸の大きさから判断して、十分埋め込むことが出来ましたので、少しでも大きく見えるように周囲にうっすらと鏡を付けた猪口(チョコ)留めで留めました。 こんなに私のダイヤモンド大きかったかしら?と嬉しそうに話されていたのが印象に残ります。 【事例:270326G】

ジュエリーリフォームの実例

  • ダイヤモンドリング
  • ダイヤモンドのペンダント、ピアス
  • サファイヤ、トパーズ、青色の宝石
  • ルビー、珊瑚、赤色の宝石
  • エメラルド、翡翠、緑色の宝石
  • その他、宝石
  • パール、真珠
  • オパール

夢仕立はお客様のご予算に合わせた提案を第一に考えます。

豪華で素晴らしいデザインでも、お客様のご予算とかけ離れていては作る事は出来ません。
ご予算どおりでも、お客様のイメージとは違うジュエリーでは全く意味はありません。
「夢仕立」のジュエリーリフォームは、品質は落とさずに代金を抑える様々な方法があります。
あらゆる方法にて、ご予算とイメージにご満足頂けるご提案を致します。

お客様のイメージする「こういうジュエリーが欲しい」というお話を、お聞かせ下さい。

お電話でのご相談

TEL 03-6263-0300

TEL:03-6263-0300

メールでのご相談

ご来店でのご相談

夢仕立フェア