NHKで紹介された安心の特許システム ジュエリー工房 夢仕立

ジュエリーの修理

パールネックレスの糸替え

パールネックレスの糸替え

世界が認めたロンジェシステム(日・米・ヨーロッパ8カ国特許取得)

ロンジェは通連糸に特殊金属糸を使用した真珠、パール等のネックレス加工です。

  • アメリカ特許48297874974428

    アメリカ特許
    48297874974428

  • ヨーロッパ8カ国連合特許0250321

    ヨーロッパ8カ国連合特許
    0250321

  • 実用新案 1901349

    実用新案 1901349

  • 日本特許 第1736451号

    日本特許 第1736451号

  • 世界が認めたロンジェシステム

    ロンジェの特徴

    ・通常使用されているテトロン糸の約3倍の強さで、糸切れしにくい構造となっています。

    ・通常の絹糸や合成糸は洗うと伸びたり、もろくなってしまうため洗えませんが、ロンジェの糸を使用したロンジェシステムの真珠・パールネックレスはいつでもお客様ご自身の手で簡単に水洗いすることができ、清潔にご使用いただけます。

  • 世界が認めたロンジェシステム

    パールは洗ったほうが良いのか?

    真珠自身は汗や酸に敏感なため、そのまま放置しておくと表面の光沢がどんどん落ちてしまいます。 そのため一般にはよく拭き取る事ができる布を使用して拭くことを推奨していますが、どれほど丁寧に拭いてもこれでは珠と珠の隙間などの細かい部分は拭き取れません。その箇所から真珠層がだんだん剥離してきて、次第に珠全体の真珠層が剥離していきます。これが劣化の原因になります。

    洗剤などを使用することは出来ませんが、使用後には真水で洗って頂いた後に清潔な布などでよく水分を拭き取って下さい。これだけで劣化の原因が除去され、真珠はきれいに長持ちします。

    水道水はカルキなどの酸成分が含まれるから使用できない」という宝飾関係者の意見もよく耳にしますが、日本の水道水に含まれる酸成分は長時間パールをつけ置きしない限り影響がないくらいの酸成分しか含まれていません。基本的に日本の家庭の水道水は飲料として飲むことができるということが、その証拠ではないかと思います。

    不衛生な場所に真珠を落としてしまったり、汚れが沢山ついてしまった場合は直ちに洗っていただくことが真珠を長持ちさせる要因となります。 ロンジェシステムで組み上げられたパールネックレスだけが、そのような対応を可能にしております。

  • 世界が認めたロンジェシステム

    真珠の光沢量の変化

    ◎真珠に食用酢、リンゴ酢、ミカン汁を反応させた後の光沢量の変化
    ※X軸は「分」です。

    ◎脱イオン水に漬けた時の真珠の光沢量の変化
    ※X軸は「日」です。
    ※長時間水に漬けるのもよくありませんが、汗や、酸を洗い落とさないのはもっとよくないのです。
    ※参考文献:真珠-その出来る仕組みと見分け方(和田浩爾-三重大学生物資源学部教授)

  • ロンジェなら真珠のネックレスが洗えます!

    パールネックレスのお手入れ

    パールネックレスのお手入れは「まずよく拭くこと」と言われますが、これは誤りです。正しくは「使用後は必ず洗うこと」です。
    “パールは洗えない”と言いますがこれは誤りです。パールは海や川から算出されますので、当然水に弱くはありません。実際に真珠が養殖場から出荷される際には綺麗な真水で洗浄されて出荷されます。
    ではなぜ「真珠は洗えない」という様になったのでしょうか。

    真珠のネックレスは洗えます。
    これまで「真珠のネックレスは洗えない」というのが通説でした。
    これは真珠のネックレスに使用している糸が絹糸やテトロン合成糸など、水分を含むと伸びたり弱くなって劣化してしまう素材が主流であるため、洗うことは良くないとされてきたことに起因します。
    しかし真珠の専門家が多く在籍する大手真珠ブランドでも洗うことを推奨しないのはなぜでしょうか。
    これはに残念ながら販売店である宝飾店の「2〜3年に1度糸替えを行うために店に定期的に通ってもらいたいから」という意図が含まれています。また「劣化したら新たな真珠ネックレスを購入してもらう」という販売側の意図があることも否めません。
    ロンジェ糸はかつて日本全国に拡販された時代がありましたが、販売店の「お客様のリピート率を減少させるので、”洗える”ということは言わない」という方針が主流でしたので、真珠が洗えるということは一般化しませんでした。
    消費者に真実を伝える義務や流通の透明化が進む中、未だに真珠のお手入れ方法に関して宝飾業界は消費者に真実を語っていません。
    しかし、「真珠はお客様ご自身の手で洗ってお手入れすることができる」、これが真実です。

    真珠に使われる他のワイヤー製品について
    ロンジェ糸以外のワイヤー製品は金属を撚る際に生じる摩擦を軽減するために潤滑剤として「油」を使用して製作しています。 そのため、長い間経つとその油が酸化して染み出してきてしまいパールや洋服まで汚してしまう危険性があります。
    まロンジェ以外のワイヤー製品を使用したパールネックレスを洗うと、ワイヤーの中に残った水が原因となり油分が参加して黒い汚れがついてしまいます。

    この現象を防ぐ為にワイヤーにコーティングを施しているものもありますが、コーティング素材自体がプラスチック素材など溶融しやすい物質で作られている為、劣化してくるとやはり油が染み出してきてしまいます。 しかしロンジェ糸は主成分である特殊金属繊維を特殊製法にて油を一切使用せずに撚っていますので、その様な危険性は一切ありません。
    ロンジェ糸以外のワイヤー製品は金属を撚る際に生じる摩擦を軽減するために潤滑剤として「油」を使用して製作しています。 そのため、長い間経つとその油が酸化して染み出してきてしまいパールや洋服まで汚してしまう危険性があります。
    まロンジェ以外のワイヤー製品を使用したパールネックレスを洗うと、ワイヤーの中に残った水が原因となり油分が参加して黒い汚れがついてしまいます。

  • 世界が認めたロンジェシステム

    世界特許取得技術『ロンジェ』

    じつは「ロンジェ」の技術は『橋梁』の技術を応用したものなのです。吊り橋のワイヤーは力が一カ所に偏らず全体に均等に分布するため、細いのに耐久性があり丈夫なのです。「ロンジェ」はこの理論をネックレスに応用し、独自の技術で世界の特許を取得しました。 一度手にとってご覧いただければ、そのしなやかさを実感していただくことができます。

    この『ロンジェ』は通常の力では切断することは出来ませんが、過度の力が加わった場合は切れるように設計してあります。橋梁の技術を応用していますのでどこまでも強く作ることは可能です。 しかしネックレスが切れなければ時に人命に関わる事故に繋がってしまうこともあるため、万が一に備えて欧米諸国のネックレスの耐久限界値である現在の強さにしております。

  • これまで「真珠のネックレスは洗えない」というのが通説でした。

    百年真珠

    正倉院に収められている御物の真珠の中に今でも綺麗な輝きを保っているものがあることをご存知ですか?真珠は一般に、もろい、弱い、傷つきやすいというイメージが強い宝石ですが、正倉院の御物の中に見られる真珠のように保管方法が適切であれば他の宝石と同じように長持ちします。そのためには表面の真珠層の劣化を抑えることが大切です。

    『ロンジェ』は主成分である特殊金属繊維を油を使用せずに撚り、橋梁の技術を応用した特殊構造で組み上げております(特許)。この独自製法と技術によりパールネックレスをお客様ご自身の手で洗うことが可能となりました。真珠層の大敵である汗や酸を簡単に洗い流すことによって表面光沢の劣化を抑えるためには、「よく拭く」よりも「綺麗に洗浄する」ことの方ががより良いことは言うまでもありません。

  • 無料電話相談 コールサポートセンター 松屋銀座店 03-3567-1121 横浜元町店 045-681-1190 赤坂店 03-5114-1447 まずはご連絡ください。

    価格

    約40cm ~ ¥10,800(税込)
    長さ、種類によって異なりますので詳しくはお問い合わせ下さい。

    お手持ちのネックレスの糸換えを承ります。またお手持ちの品が真珠・パール製品でなくても構いません。ご気軽にお問い合わせ下さい。