英国宝石学協会公認ジュエリー工房 夢仕立
ジュエリー、アクセサリーの修理梨本宮さま下賜のジュエリーの修復

梨本宮さま下賜のジュエリーの修復をご下命頂きました

梨本宮守正王がフランス留学の際にご使用なされた、フランスのサンシール陸軍士官学校礼装用のブローチの修復。

  • フランス陸軍士官学校礼装用ブローチ

    フランス陸軍士官学校礼装用ブローチ

    今回は2番目に作業開始致しました先にご案内致しましたフランス陸軍士官学校礼装用ブローチ(裏面にプリンス梨本の刻印)の修復の経緯を差し支えない範囲で当初の状況、途中経過、完成とその課程をお話しさせて頂きます。

    お預かり致しましたお品ものは鍛造により造られたフランス陸軍士官学校礼装様ブローチです。表面には、フランスのシンボルマークの一つである「雄鶏」とESG (Ecole Supe´rieure de Guerre サンシール陸軍士官学校の略号)が入っています。

    フランス陸軍士官学校礼装用ブローチ
  • 修復前の状態

    修復前の状態

    当初の状態は左の写真の通りです。

    礼装様にかなりご使用になったようで、キズが全面に付いておりました。又、表面の羽の骨格の部分は一部削られておりました。表面下部にはなにやら刻印がありますが判別不可能な状態です。

    裏面には大佐、プリンス梨本、1907-1909等 当時のフランスから贈られたであろうと思われるこの礼装用ブローチの背景が刻印されています。ピンは上方に引き抜くタイプで、留め具部分はかなりしっかりしております。金属の内容がはっきりしませんでしたので、初回の天然真珠ブローチ同様、天然特殊洗浄剤での洗浄と、へらによるキズの除去、を主体に作業を行いました。

  • 修復後の状態

    修復後の状態

    さほど痛んではありませんでしたが、金が変色しており、洗浄で汚れや変色を除去することが最大の課題となりました。

    作業後の写真です。

夢仕立はお客様のご予算に合わせた提案を第一に考えます。

豪華で素晴らしいデザインでも、お客様のご予算とかけ離れていては作る事は出来ません。
ご予算どおりでも、お客様のイメージとは違うジュエリーでは全く意味はありません。
「夢仕立」のジュエリーリフォームは、品質は落とさずに代金を抑える様々な方法があります。
あらゆる方法にて、ご予算とイメージにご満足頂けるご提案を致します。

お客様のイメージする「こういうジュエリーが欲しい」というお話を、お聞かせ下さい。

お電話でのご相談

TEL 03-6263-0300

TEL:03-6263-0300

メールでのご相談

ご来店でのご相談

夢仕立フェア