NHKで紹介の安心の特許システム ジュエリー工房 夢仕立
ホームサポート一覧

リングサイズについて

リングサイズについての選び方や注意点です。|指輪|ジュエリー工房 夢仕立

  • リングを選ぶ時、気になる事の一つに「リングのサイズ選び」があります。
    この先何十年も着け続けるリングですから、サイズ選びは慎重にしたいものです。
    サイズ選びはリングの内径、内周だけでは決められません。

    サイズは、リングの幅や厚み、サイズ測定を行う時間帯、季節、体調などに左右されます。
    そうは言ってもなかなか「コレ」というきまったルールが無いのがサイズ選びの悩みとも言えます。
    そこでプロの目から見たサイズ選びのコツをアドバイスします。

  • 注意したいポイント

  • 1 暖かい時期と寒い時期

    気温による人体の血管等の収縮や膨張に左右され指のサイズは変化します。
    そのため夏に計測したリングが冬にはゆるく感じてしまう、またはその逆という現象をよく目の当たりにします。
    冬、寒い時にサイズを選ぶ方にはあまりにもぴったりすぎる物をお勧め致しません。
    暖かくなり、血管が膨張するとリングがきつくて指に入らなくなってしまう恐れがあります。
    また、夏にサイズを選ぶ場合はその逆の事が起こっている可能性が高いのです。

  • 2 幅広のリングと幅細のリング

    幅の広いリングはそのリングが指を締め付ける面積によって指に感じるサイズがかなり変わってきます。
    普段のサイズより若干大きめになってくるのが普通です。
    通常のサイズにはこだわらず、お店ごとのサンプルを信用してのサイズ決定をお勧めします。

  • 3 体調による変化

    靴を買う時は足がむくんでいる夜がいい、といいますが、指のむくみは決して夜とは限りません。
    寝起き、お酒を飲んだ後、徹夜明け、という時も指はむくんでいます。
    リングを着けて、試している時間が長いと、だんだんにむくみが取れてくる場合があります。
    なるべく長くサンプルを着けてみて下さい。
    または、体調の良い日に出直すほうが懸命かもしれません。

  • 4 実際のサイズ選び

    手を振っても抜けないもの、自分自身でリングを外せるもの、手をにぎったとき強い圧迫感がないものをお勧めします。
    特にリングに慣れていない男性は緩めを選んでしまう傾向があり、女性は以前のサイズにこだわってしまう傾向があります。
    注意してサイズを選びましょう。

  • 5 リングが抜けなくなった時

    あわててしまうとリングはますます抜けにくくなります。
    落ち着いて、石けんやハンドクリームなどで指輪を滑らせてみて下さい。
    思いのほか簡単にリングは抜けるものです。

  • サイズのあわないリングで悩む必要はもうありません。
    『夢仕立』にお任せ下さい。

夢仕立はお客様のご予算に合わせた提案を第一に考えます。

豪華で素晴らしいデザインでも、お客様のご予算とかけ離れていては作る事は出来ません。
ご予算どおりでも、お客様のイメージとは違うジュエリーでは全く意味はありません。
「夢仕立」のジュエリーリフォームは、品質は落とさずに代金を抑える様々な方法があります。
あらゆる方法にて、ご予算とイメージにご満足頂けるご提案を致します。

お客様のイメージする「こういうジュエリーが欲しい」というお話を、お聞かせ下さい。

お電話でのご相談

TEL 03-6263-0300

TEL 03-6263-0300

メールでのご相談

ご来店でのご相談

夢仕立フェア