英国宝石学協会公認ジュエリー工房 夢仕立
ホームジュエリー、アクセサリーの修理石が取れてしまったジュエリーの修理

石が取れてしまった指輪やペンダントの修理

「石が取れてしまった、どうしよう?」

大切な指輪やペンダントのダイヤモンドが取れてしまった、ジュエリーの宝石が取れてしまった。 夢仕立ではそのようなご相談をよく受けます。今回はそんな、ジュエリーの石部分について修理の実例を元にご説明いたします。

石が取れてしまったジュエリーの修理

石留

宝石がついているジュエリーは使用しているうちに、様々な原因で宝石が緩んだり、取れてしまう事もあります。 その様な修理も夢仕立では取り扱っております。


石合わせ

夢仕立では石が取れてしまった箇所の石合わせも行っております。 形が特殊な石はリカットという手法にて石座に合わせて石をご用意する事もできます。



石が取れてしまったジュエリーの修理、実例

パヴェセッティングのメレが外れた 修理前

Before

パヴェセッティングのメレが外れた 修理後

After

パヴェセッティングのメレが外れてしまったリングの修理

パヴェセッティングのリングのメレダイヤが取れてしまったというご相談です。 このパヴェセッティングのリングは、リングの変形が元で石が外れてしまうことが多いデザインです。 小さい爪で留めていますので、少し爪が開いただけで宝石が取れてしまいます。

しかし、このことをお客様はほとんどご存知ではありません。 販売するときにはそのネガティヴな事実を話さないまま売ってしまうことが多いためです。 もちろん夢仕立でジュエリーリフォームやオーダーメイドで作る際には、そのようなネガティヴな情報もお客様にお伝えします。 使用の仕方を気をつけていただくだけで、リスクは少なくなります。

このリングをお持ちになられたお客様も「宝石が取れるなんてことあるんですか?」と仰っていましたが、ジュエリーについている宝石は外そうと思えば簡単に外れてしまいます。 使用中でも様々なタイミングや力のかかり具合によって、宝石は取れてしまいます。 しかし使用方法を選んでいただければ、石が取れるリスクも低くなります。

また、経年劣化により爪が薄くなってしまうこともあります。 その場合は爪の立て直しが必要になりますが、このお品物はそこまでダメージを受けていませんでしたので、今回は石留めのみの修理にいたしました。 今回の石外れの原因は「変形」が原因でしたので、リングの変形も修理いたしました。

余談ですが、実はジュエリーを検査すると壊れた原因や、どの箇所にダメージがどのように加わったか、ということは殆ど判明します。 そのため、大体何回くらい使用したのか、ということも実はわかります。 「1回も使用していない」と仰って修理をお持ち込みになられるお客様もいらっしゃいますが、私たちはルーペで見ると大体のことはわかります。 しかし、どのようなダメージがどのような場面で起きたか、ということが確実に分かりますと、より良い修復ができます。 さらに今後の使用方法や回避するべき動きのことなどのアドバイスもして差し上げることができますので、ぜひどのようなことが起こったかをなるべく正確にお申し出くださいませ。


レール留めのダイヤモンドリングの石合わせ 修理前

Before

レール留めのダイヤモンドリングの石合わせ 修理後

After

レール留めのダイヤモンドリングの石合わせ修理

東京都S様。ご使用中に石が1個はずれ、紛失してしまったリングの石合わせです。 周りの石と同じサイズ、色味でお探ししました。 周りの石がレール留めで留まっているため、他の宝石に影響を与えず留め直すのが大変な作業となります。


K18リング石はずれ 修理前

Before

K18リング石はずれ 修理後

After

K18リングの石はずれ修理

この様なカボッションカットの石は爪を多少深く掛けませんと石落ちしやすいのです。 爪が磨り減っておましたので、そのまま留めても又石が落ちかねません。 そこで、最小限の爪建てをお勧めいたしました。


ブラックオニックスのカメオ 修理前

Before

ブラックオニックスのカメオ 修理後

After

石が外れて見つからなくなってしまったカメオの修理

カメオのブラックオニックス修理。「石が外れて見つからない」とのことでお起しになりました。 ブラックオニックスを所定の形に切り出し接着剤で留めました。


K18のダイヤモンド一文字リング

K18のダイヤモンド一文字リングの修理

大小交互に石を配置して、共通爪で留めてあります。 全体に爪留が緩かったせいか緩んでいる石があり、さらに左から2番目と3番目の間は爪先が浮いています。 共通爪の場合、1本の爪で左右の2石を留めますので、少しの緩みで石落ちの原因となってしまいます。 全体の石留を総点検して抑え直し致しました。


K18ダイヤモンド3ラインリングの石動き、留め直し

K18ダイヤモンド3ラインリングの石動き、留め直し修理

石動きがあるということでご来店頂きました。拝見してみるとメインストーンの石座がありません。 日本製ですとまずこの様な仕様の製作はいたしませんが、海外の製品には時々見かける構造です。 丁寧に加工を施し、修理致しました。


石が取れてしまったペンダント 修理前

Before

石が取れてしまったペンダント 修理後

After

石が取れてしまったペンダントの修理

石留め修理のご相談です。石が取れてしまったペンダントの枠と、取れた石をお持ちになりました。 気がついたら石が取れていたそうで、なんとかなりますか、とご相談を頂きました。 幸いにも石が残っていて良かったと思います。 石と枠を拝見させていただきました結果、爪が短くてカボッションカットの腰の部分に爪が かかっていないことが原因であることが判明いたしました。 この点をご説明させて頂き、爪を4本建替える修理を行いました。 修理後はとても丈夫になりました。


ヒスイが取れてしまったリング 修理前

Before

ヒスイが取れてしまったリング 修理後

After

ヒスイが取れてしまったリング

爪建て、石押さえ。お母様から頂いたヒスイのリングの石が取れてしまったとのことです。 拝見すると上下の爪がなくなっていました。 現在はこの形状の石は4本の爪で石留めすることが多いので、 万が一1本爪が緩んでも石が落ちる危険性はほとんどありません。 しかし、このリングの様に天地2本の爪の場合は1本爪が緩むと石が落ちてしまいます。 お客様の元々のデザインは変えたくないというご意向により、 上下の2本の爪で留めることに致しました。 安全性を考慮してしっかりとした爪を作りました。


Pt/K18コンビのダイヤモンドリング

Pt/K18コンビのダイヤモンドリングの修理

3サイズの変更とメインストーンが動いているような気がするので見て欲しいというご希望です。 拝見いたしましたところ、メインストーンが動いていました。なかなか気付きにくいのですが、 よくご覧になっていたとことで発見されたそうです。サイズ直しをした後に爪の留め直しを行いました。 幸い爪はシッカリ残っていましたので、固く留め直すことが出来ました。 出来上りもとてもきれいに仕上がりました。


爪がすり減ってしまったリング 修理前

Before

爪がすり減ってしまったリング 修理後

After

爪がすり減ってしまったリングの修理

浦安市からお越しのY様です。リングが引っ掛かってしょうがないので見てくださいとお越しになりました。 拝見いたしましたところ、ほとんど全ての爪が磨り減ってしまっております。引っ掛かりの原因はこれにありました。 本来はこのままご使用になると危険ですので、爪を立て直す必要が有る旨ご説明いたしました。 そのためには石を全て外し、爪を建て直し、留める工程が必要となりますので、時間と費用がかなりかかります。

今回はご使用になる日時が差し迫っており、そのための時間がありません。 そこで、一番引っ掛かる2番目の石の爪の処理だけを臨時に行い。ご使用後あらためて本格的な修理を行うことといたしました。


石が外れてしまったリング 修理前

Before

石が外れてしまったリング 修理後

After

石が外れてしまったリングの修理

品川区からお越しのT様です。以前石が取れてので直して欲しいとお越しになったお客様です。 その時爪先がダメージを受けているので、そのまま留めても危険であることを十分に説明させていただきましたが、やはり半年もたたぬうちに石が外れてしまったのです。石がなくならなくて不幸中の幸いでした。 今回は爪を建て直して留めることにいたしました。爪先は細いため劣化しやすく、基本的には留めなおすのは危険です。 まして4本爪の場合は1本でも緩むと石はずれの危険が増します。ご注意ください!


パールリング 修理前

Before

パールリング 修理後

After

パールが取れてしまった指輪の修理

新宿区のI様です。大珠の真珠のリングをお持ちになられました。気がついたら珠がとれていたとのことです。芯留めの場合の球とれの原因としては
1:芯が折れてしまった場合
2:芯が残っているが接着剤が何かの原因で緩んで珠が取れてしまった
の二つの原因が考えられます。 今回の場合は1の芯が折れてしまっていました。芯は珠の中に残っておりますので、これを取り除き、改めて芯を建て直し、接着で留めました。


パールリング 修理前

Before

パールリング 修理後

After

パールリングの珠が取れてしまった

リングを拝見いたしましたところ、爪留めと芯留めの併用になっている構造なのですが、爪が短く、本来の役目を担っておりません。 それが原因で芯に負荷がかかり珠が取れてしまった用です。 この点をご説明させていただき、爪を立て直すのはコスト的にも高くなりますので、芯を新たに建て直し、接着で留める方法をとりました。 この場合、爪はあくまで飾り爪になります。


ムーンストーンの指輪 修理前

Before

ムーンストーンの指輪 修理後

After

ムーンストーンの石が外れてしまった

市川市のY様です。ムーンストーンの石が外れてしまったとお越しになられました。 外れた石は見つからないので、石も一緒に探して欲しいとのご希望です。当社では石合わせ等石の手配も承っております。 お時間はある程度かかりますが、今回のハートカットの石も無事手配できました。 リングは爪が1本根元より折れておりましたので、新規に爪を建て直して爪留めいたしました。 色々なお店で加工を相談したが難しいと言われたとの事で、無事に加工できたことにお客様も大喜びされておられました。


ブルーゾイサイト(タンザナイト)のリング 修理前

Before

ブルーゾイサイト(タンザナイト)のリング 修理後

After

サイドに留めてあるメレーダイヤモンドが1石取れてしまった

習志野市のI様です。ブルーゾイサイト(タンザナイト)のリングをお持ちになりました。 サイドに留めてあるメレーダイヤモンドが1石取れてしまったとのことです。 拝見いたしましたところ、爪が折れてしまっておりましたので、そのままでは石をとめられません。 メレーの穴を一旦埋めた後に、爪を起こし直す必要があります。 堀留の場合は地金がありませんのでなおさらです。 この点をご説明させていただき、加工いたしました。


ペンダント 修理前

Before

ペンダント 修理後

After

ペンダントの石が取れてしまった

最初お電話でお問い合わせいたいただ折りに、電話でのお見積もりでは正確にお答えできない旨お伝えしておりました日本橋からお越しのS様です。 他店でも色々お見積もりを取られた上でお越しになりました。他店より見積もりは高いが説明の内容に納得がいったので来ましたとのことです。 実際にお品物を拝見して判ったのですが、爪の一部に亀裂が入っておりそのまま石留めしてもいずれ問題が発生することが判明しましたので、そのことをご説明させていただき、爪の建て直しご提案させていただきました。 丁寧な対応にお客様から感謝のお言葉をいただきました。 「いくらで出来ますか?」と言うようなお問い合わせに「拝見しませんと正確にはお答えできかねます」とお答えすることが多いのも、実は今回のように加工は微妙で繊細な事柄が多いからなのです。


石が取れてしまった指輪 修理前

Before

石が取れてしまった指輪 修理後

After

石が取れてしまった指輪の修理

K18リングをお持ちになりました。海外で購入して気に入って使っていらしたのですが、しばらくぶりに使おうと思って出して見てみたら、リングのサイズが合わないし、その上、良く見たら石が1石取れているみたいなので持って着ましたとの事です。 拝見しましたところワックスモデルのデザインリングのダイヤモンドが1石無くなっています。 爪を見ますと、2点留めの爪が完全に飛んでいました。原因はいろいろ考えられますが、2点留めですので、1本でも爪が緩むと石は落ちてしまいます。 そのことをご説明させていただき、爪を建て直し、石をセットすることに致しました。同時にサイズ直しも致しました。


落として壊れてしまったPtダイヤモンドリング 修理前

Before

落として壊れてしまったPtダイヤモンドリング 修理後

After

落として壊れてしまったPtダイヤモンドリング

Ptダイヤモンドリングをお持ちになりました。うっかり落として指輪が曲がってしまったとのことです。 拝見いたしますと、センターの石1石が割れています。またサイドの1石は飛んでいました。 通常は落としたくらいではこのようにはならないものですが、カバンの中になにか硬いものが入っていて、それに挟まって落ちたのかも知れません。 いずれにしても変形修理と石合わせを行うことに致しました。今回のリングは共通爪で留めてあります。 この場合1本の爪で隣り合う2石を留めますので、どうしても緩み易い構造です。 そのことをご説明して、少し慎重にご利用いただくことをお勧めさせていただきました。


外れてしまったムーンストーン 修理前

Before

外れてしまったムーンストーン 修理後

After

外れてしまったムーンストーンの修理

K18台のピンクムーンストンとブルームーンストーンのマルチカラーリングをお持ちになりました。 大好きなリングが気がついたら1石なくなっていたのです。 何とか修理して使いたいのですが、可能でしょうか?とのことでご来店されました。 拝見しますと爪で留めてあるのではなく、接着剤によるセットがされていました。 何かの折に石が割れたか?接着剤が劣化したか?接着剤が不十分だったか?で取れたと思われます。 ムーストーンは非常に璧解性の強い石ですので、当たり所が悪いと簡単に割れます。 そのため石のセットも爪を使わず、拙著剤を使うことが多いのです。 90ムーンストーンをお使いの方は乱暴に扱わないよう気をつけてください。 すっかり元通りに直ったリングに大感激されておられました。


指輪の石が割れてしまった 修理前

Before

指輪の石が割れてしまった 修理後

After

指輪の石が割れてしまった

練馬区のT様のご依頼品です。 Ptとk18のオリジナルのコンビリングで、センターの石が割れてしまったそうです。 拝見いたしますと覆輪留めで留まっている石の一部が掛けていました。 覆輪留めの場合は覆輪を切断する必要があります。しかしその様にすると石座と爪に歪みが出てしまいます。 この点をお話させていただき、違和感のない別の留め方によりセットする方法「チョコ留め式」で加工を行うことにしました。 前のデザインよりも少しセンターの石が目立つデザインとなり、お客様も喜んでいらっしゃいました。


プラチナ製の黒蝶真珠リング 修理前

Before

プラチナ製の黒蝶真珠リング 修理後

After

ダイヤモンドが取れてしまった指輪の修理

柏市のT様でのご依頼です。プラチナ製の黒蝶真珠リングをお持ちになりました。 ピーコックカラーの高品質真珠です。脇石のマーキースダイヤモンドが1つ無くなってしまったとのことで、石合わせと石留めのご相談をいただきました。 マーキースカットの石は基本的に両端部に爪をつけ、2点留めでセットします。 2点留めの品物は1本でも爪が緩むと落石の原因になります。爪が残っている場合は石留めだけでも加工できますが、爪は大変細いため、一度外力が加わると金属疲労で弱くなります。 その爪を再利用するとまた落石する可能性が出てしまいます。 そのことをご説明させていただき、代替えのダイヤモンドを手当てするとともに、新しい爪を建て直して石をセットいたしました。


ダイヤモンドデザインリング 修理前

Before

ダイヤモンドデザインリング 修理後

After

ダイヤモンドが外れてしまった指輪の修理

東京都 板橋 区のK様のご依頼品。 お手持ちのプラチナのダイヤモンドデザインリングのダイヤモンドが1石無くなってしまったとのことで、修理のご相談でご来店いただきました。 お品物はとてもお気に入りのリングで使用頻度もかなり高かったようです。そのため地金部分に多くの傷があり、さらに爪には亀裂も入っていました。 このまま石留めのみを行いますといずれ他の石も取れてしまう可能性がかなり大きく、耐久性をあげるためには新しく爪の立て直しを行う必要がありました。 そのことをお客様にお伝えしましたところ、修理するなら出来る限り丈夫にしたいとのことでしたので、爪立て直しや他の箇所の点検修理も行うこととなりました。 出来上がったお品物は新品同様でしたので、お客様もかなりお喜びになっていらっしゃいました。


踏み潰されてしまった指輪 修理前

Before

踏み潰されてしまった指輪 修理後

After

踏み潰されてしまった指輪の修理

東京都杉並区からお越しのA様のご依頼品です。 グシャグシャに曲がってしまったリングと淡緑色の石の修理のご相談です。大切な思い出のリングを踏み潰してしまったとのことで、大変お困りでした。 以前の写真などの資料もなかったので、何とか地金のラインから元の状態を想定して修正位をいたしました。 お客様からは新品に戻ったというお喜びの声もいただきました。


グレーバロックパールリング 修理前

Before

グレーバロックパールリング 修理後

After

グレーバロックパールリングの芯折れ・珠外れ修理

k18製のアンティーク風のリングですが、珠がリングから外れてしまっています。詳しく見てみますと、パールを留めていた芯が折れてしまっており、さらに接着剤も劣化してしまっていたことが原因でした。

パールのリングは芯珠留めを行う箇所にを建て、その芯を中心として接着剤を塗布して珠留めをします。通常このように珠が外れる場合は接着剤の劣化によって起こるのですが、このリングの場合は芯が折れてしまっています。さらに折れた芯がパールの中にはまり込んでしまっていました。このようになりますと芯を取り出す作業は極めて困難となります。

芯が珠の中に入ってしまった場合は、まず接着剤をある程度除去することから始め、3段階くらいの工程に分けて取りはずす作業を行います。また、元の接着剤が残っていると劣化した接着剤の上に接着剤を重ねることになりますので、このような修理の場合は接着剤を徹底的に除去することが重要です。 少しでも劣化した接着剤が残っていると、後々の珠外れに繋がりやすくなりますので、丁寧に除去作業をいたしました。 またリングの方にも接着剤が馴染みやすいように少し工夫をして、接着剤がなるべく取れにくいような加工を致しました。 芯も綺麗に建て直すことができ、綺麗に仕上げることができました。


WGのオパールリング 修理前

Before

WGのオパールリング 修理後

After

WGのオパールリングの取り巻きのメレダイヤが取れてしまった

よく拝見いたしましたところ、メレダイヤを留めていた彫り留めの爪がなくなってしまっていました。 彫り留めの爪の立て直しを行うために、一度該当箇所を地金で埋めて再度彫り直して爪をタガネで作りました。 難易度の高い石留め作業でしたが、上手く仕上げることができました。


ダイヤモンドファッションリングと甲丸リング

ダイヤモンドファッションリングと甲丸リングに亀裂が入ってしまった

東京都大田区のK様のご依頼品です。 プラチナのダイヤモンドファッションリングと甲丸リングに亀裂が入ってしまったというご相談です。 亀裂の箇所はリングの最下部でしたので、おそらく購入時かその後のサイズ直しの際に行ったロー付けがあまり上手くいっておらず、そこに隙間ができてしまって耐久性が落ちてしまったものと考えられました。 その箇所の地金は弱くなっているので切り取る必要があります。 地金を少し切り取ってから再度同じサイズで修理をしました。 他の点検もいたしましたが、他にも数箇所小さい亀裂が入っていましたので、仕上げのついでに修理を行いました。 耐久性の高いリングとなり、お客様にも大変ご満足をいただきました。


ルビーとダイヤモンドのファッションリング 修理前

Before

ルビーとダイヤモンドのファッションリング 修理後

After

ダイヤモンドが取れてしまったファッションリング

東京都目黒区からお越しのK様のご依頼品です。 お気に入りのルビーとダイヤモンドのファッションリングのダイヤモンドが取れてしまったということでのご相談です。

加工は難易度が高く、他社にもお持ち込みになられたとのことですが、断られてしまったそうです。 レール留めの品物ですので一度レールと持ち上げる必要があります。 しかしレールを再度留め直せるように外すことが難しく、技術とセンスが必要とされる作業となります。

よく品物を観察して最もレールに負荷がかからないポイントを探し、作業を行いました。 レールの耐久性を損ねることなく再度石留めを行い、仕上げに軽く磨きをかけました。 新品同様になったお品物を見てお客様にも大変御喜びになられたので、とても嬉しく思います。


オパールのペンダント 修理前

Before

オパールのペンダント 修理後

After

オパールのペンダントの石が外れてしまった

ペンダントの爪の部分は折れていて、さらに外れたオパールの表面には多数の小傷が付いていました。 ペンダントの方の爪はこのままだと耐久性に乏しくまた石が外れてしまう可能性がありましたので、爪の立て直しをお薦めいたしました。 またオパールは表面を0.02ミクロン位研磨することにより元の輝きを取り戻すことができそうでしたので、表面研磨のご提案をいたしました。 表面研磨を行うと同一性確認が難しくなってしまうのですが、夢仕立システムできちんと写真を取り、さらに鑑別書をおつけすることで安心してお預けいただくことができました。 出来上がりは新品のようになりましたので、お客様にも大満足をいただきました。


プラチナの一文字リングの石が取れてしまった

プラチナの一文字リングの石が取れてしまった

目黒区からお越しのM様です。 プラチナの一文字リングの石が取れてしまったとのことで、石留め修理のご相談にお越しになりました。 またサイズも合わないので調整して欲しいというご依頼です。 このリングは1つの爪で2つの石を止める仕様のデザインでしたので、隣り合う石も同時に緩みます。 そのことに気づかずに修理をしてしまうとまた別の石が落ちてしまうことにもつながります。 同時にすべての爪を抑えましたので、お客様も安心して仕様でき、大変御喜びになられていました。


ダイヤモンドが取れてしまった縦爪リング 修理前

Before

ダイヤモンドが取れてしまった縦爪リング 修理後

After

ダイヤモンドが取れてしまった縦爪リング

足立区のM様からのご依頼品です。 石留め修理のご相談でご来店いただきました。 リングをつけようとした際に石が取れていることにお気づきになられたとのことで、すぐにリングを入れていたバッグを探したところ落ちていた石を見つけたそうです。 リングはの爪は大変薄かったので、何かに引っかかって爪が起きてしまった可能性が高いと判断しました。 幸いなことに爪は折れていませんでしたので、留め直す加工のみで今回の修理は終了いたしました。 しかし薄い爪ですので、また石が動いた際には立て直した方が良いというアドバイスもさせていただきました。


k18のバングル 修理前

Before

k18のバングル 修理後

After

エレクトロフォーミング 修理

新宿区からお越しのO様からのご依頼品です。 k18のバングルの留め金の修理とリングの石外れの修理のご相談です。 どちらもよく持ち込まれる修理ですが、それぞれに壊れ方が異なり加工の可否やお見積もりも異なります。 お持ち込みのバングルは中が空洞になっているエレクトロフォーミングと呼ばれる製法で作られている製品でした。 とても軽く作ることができるため、海外製の大きなお品物の場合はよくある製法なのですが、中が空洞になっているため熱を加えて修理することができません。 そのまま熱を加えてしまうと中の空気が膨張して地金が破裂してしまいます。 地金に穴を開けたり色々と工夫をすれば修理することができる場合もあるのですが、修理費用は比較的高額となります。 そのことをお話しさせていただきましたところ、今回はリングの石外れの修理のみ承ることとなりました。


ダイヤモンドが取れた 結婚指輪 修理前

Before

ダイヤモンドが取れた 結婚指輪 修理後

After

ダイヤモンドが取れた 結婚指輪

ご結婚指輪に付いていたダイヤモンドが取れてしまったという修理のご相談です。 毎日つけていたところ、リングが変形してしまい、少しずつ変形したため、お客様ご自身は変形していることに気づかず、中央のダイヤモンドもいつの間にか取れてしまっていたそうです。

おそらくリングの変形によりダイヤモンドを抑えていた爪が浮いてしまって取れたのだと思いますが、爪もかなり摩耗と損傷が激しいため、このままダイヤモンドを用意して留めただけでは、またすぐにダイヤモンドが取れてしまいます。 そのため、爪を補強してダイヤモンドをしっかりと止めるご提案をいたしました。 ジュエリーの修理の際にはあらゆる可能性を考え、お品物の現状で最高の仕上がりにすることが私たちの勤めだと思っています。

リングの裏側に微細な亀裂も入っていましたが、仕上げのついでに修復できる程度でしたので、特に追加料金をいただかずに修理を行いました。 出来上がりの状態もとても綺麗に仕上がりましたので、お客様も大満足でした。


オニキスのブローチ 修理前

Before

オニキスのブローチ 修理後

After

ブローチのオニキスが外れてしまった

気に入りのブローチの先端についていたハート型のオニキスが外れてしまい、修理にいらっしゃいました。 拝見させていただきましたところ、先端にはジュエリー用の接着剤で石留めされており、接着剤が劣化したことによる石外れでした。

特殊接着剤による接着は配合の割合をできる限り厳密にすることにより、劣化の進度を遅くすることができます。 簡単なようですが、適当に行うのか、きっちりと行うのかでその後の耐久性が変わります。

夢仕立では細部まで計算して接着剤の配合を行いますので、接着剤の劣化もできる限り遅くなるように仕上げております。 もう片方のオニキスの接着剤も検査の結果、経年劣化していましたので、サービスにて接着を行いました。


ルビーリング 修理前

Before

ルビーリング 修理後

After

ルビーリングのダイヤモンドが外れてしまった

お気に入りのルビーのリングについていたダイヤモンドがいつのまにかなくなってしまっていたということで、石外れの修理のご相談です。石外れのご相談は修理の中でも比較的多いご相談なのですが、みなさま気付いた時にはなくなっている、という状況なので大変ショックを受けてらっしゃいます。

しかし石外れの修理はたいていの場合綺麗に治りますので、ご安心ください。

今回のように綺麗に外れたものもあれば、爪がほとんどなくなってしまっているものまで様々ですが、夢仕立ではジュエリーの状況に合わせて修理加工方法を変えて対応をいたします。 また歪みや衝撃が原因で石外れが起きてしまっていることが多いので、他の箇所にも不具合が生じている場合もございます。 夢仕立ではそのような可能性も考慮して、様々な角度からお品物を検査して、何か不具合があればすぐにご連絡をし、修理を行うかどうか伺います。 基本的には現状での最高の状態を考えてご提案をさせていただきますので、お客様のご都合に合わせた修理を行います。

今回のルビーのリングは爪もしっかり残っていて、とても綺麗に仕上げることができました。 しかしながら、やはりこのようなタイプのリングはリングが少し変形すると、石はがはずれてしまいます。 できればリングにはあまり力を入れず、またご自宅では無意識に強い力がジュエリーにかかってしまうことも多いので、できる限りご自宅では着けないように心がけることが必要です。


ハーフエタニティツイストタイプのリング 修理前

Before

ハーフエタニティツイストタイプのリング 修理後

After

10個のダイヤモンドが付いたハーフエタニティツイストタイプのリングの石外れ修理品

ハーフエタニティリングはこの様に端の石が取れやすく、同様の修理はよく承ります。 端はぶつけやすいため、最もこの様な危険にさらされます。 そのため、オーダーメイドやリフォームでこの様なデザインを製作する場合は、わざと少しだけ端の方の爪を頑丈に作る様な工夫をします。 このリングの場合は他店品でしたので、端の爪も細く、このまま留め直してもすぐに取れてしまうことが考えられましたので爪を新しく立て直しました。

しかしあまり頑丈で大きな爪をつけてしまうと、今度はデザイン上のバランスが崩れたり、その部分だけ装着時に違和感を感じてしまいますので、バランスと耐久性を兼ね合わせた大きさの爪を立て直しました。 しっかりと止まっていますが、このタイプのリングは石外れしやすいので、使用の際には注意が必要です。


K18ダイヤモンドリング 修理前

Before

K18ダイヤモンドリング 修理後

After

K18ダイヤモンドリングの石が緩んでいる

横浜市からお越しのM様です。K18ダイヤモンドリングをお持ちになられました。 石が緩んでいるみたいなので見て欲しいとのことです。拝見いたしましたところ真ん中のダイヤモンドが緩んでおりました。 落ちる前に気が付かれて大事に至らず良かったですネ!彫留めで留めてありましたので、そのままでは爪を建て直すことができません。 一旦穴を埋めて、留めなおしました。


プラチナ台のパールリング 修理前

Before

プラチナ台のパールリング 修理後

After

プラチナ台のパールリングの修理

横浜市からお越しのH様です。プラチナ台のパールリングをお持ちになりました。 拝見いたしますと、芯建ての芯が根元から折れております。更に芯はパールの中に残っております。 パールから芯を取り除き、新たに太めの芯を建て直して、芯に溝を切って接着の面積を増やす加工をいたしました。 お皿が小さいリングでは芯を多少太めに造ったほうが安全です。


ピンクダイヤモンドリング石取れ 修理後

ピンクダイヤモンドリング石取れ修理

横浜のY様。ルビーのリングの横についているピンクダイヤモンドが取れてしまったので、石を用意して止め直して欲しいという石留め修理のご相談です。拝見すると爪が弱っており、そのまま留めても再度石落ちの危険性が大きいので、爪を立て直し、石をセットいたしました。


アクセサリー、ジュエリーの修理サービス

  • 指輪 サイズ直し
  • 石の取れてしまったジュエリーの修理
  • ネックレス 修理
  • 金具交換
  • 新品、仕上げ直し
  • ブランド品の修理
  • パールネックレスの糸かえ
  • ネックレスのチェーンを長くしたい
  • その他、修理の実例

安心の保険適用、日本で唯一ジュエリーの保険補償が可能なのは夢仕立だけ
お客様への保険料のご負担は一切ございません。

夢仕立はお客様のご予算に合わせた提案を第一に考えます。

豪華で素晴らしいデザインでも、お客様のご予算とかけ離れていては作る事は出来ません。
ご予算どおりでも、お客様のイメージとは違うジュエリーでは全く意味はありません。
「夢仕立」のジュエリーリフォームは、品質は落とさずに代金を抑える様々な方法があります。
あらゆる方法にて、ご予算とイメージにご満足頂けるご提案を致します。

お客様のイメージする「こういうジュエリーが欲しい」というお話を、お聞かせ下さい。

お電話でのご相談

TEL 03-6263-0300

TEL:03-6263-0300

メールでのご相談

ご来店でのご相談

夢仕立フェア