英国宝石学協会公認ジュエリー工房 夢仕立
ホームジュエリー、アクセサリーの修理

仕上げ直し

ジュエリーや宝石が新品同様の品物に生まれ変わる仕上げ直し

何年もジュエリーを使用していると、地金部分に細かい傷が多数入ってきます。これを取り去ることにより新品同様の品物に生まれ変わります。また、洗浄するだけでも綺麗になります。

他のものと同じように、ジュエリーにも汚れは付きます。「夢仕立」に直接お持ちいただければ強力な洗浄器で洗いますが、適度にご自宅で洗っていただくだけで汚れの付き方は少なくなります。 特に石の裏やデザインのくぼみなどに汚れはたまりやすいので、爪楊枝などを使用してご自宅でも洗浄していただきますことをお勧めいたします。

仕上げ直しとは

「バフ(研磨布)で磨く」「金ヤスリで磨く」「サンドペーパーで磨く」「金ヘラでなじませる」

など様々な方法があります。 また夢仕立では仕上げ直しを行う前に必ず検査を行い、お品物の状況を確かめます。 この検査を怠ると仕上げている最中に、致命的な損害を与えてしまう可能性もあります。 そのためお品物のデザインや付いている宝石のことをあらゆる角度から考える夢仕立では、この点検と仕上げ直しの作業に時間をかけて行います。 時間をかけずに行う方法もありますが、スピード重視の方法ではデザインや耐久性を損ねる可能性もあります。

スピードを重視する場合、金ヤスリやサンドペーパー等の粗い素材で一気に磨いていきます。 これらの方法は素早く形を整える作業には向いていますが、細かい彫金が消えてしまったり、磨き方にムラが出て形がいびつになってしまったりという不具合が生じる可能性があります。 さらにその衝撃により金属や宝石に疲労を蓄積させることになり、将来的に品物が破損してしまうことに繋がります。

夢仕立ではお品物へのダメージを最小限に抑えるために、時間をかけて作業を行います。 その様に行うとお品物は可能な限り現状をとどめ、ダメージもほとんど残りません。

宝飾品の加工には丁寧さが何より必要です。 急いで適当に済ませてしまう様な性格の職人では勤まりません。 効率重視の作業も品物を損ねてしまう可能性があります。


仕上げの際に

「石動き」「裏側部分の亀裂」「爪の亀裂」「腕の部分の亀裂」

などの問題が、ほとんどのお品物で見つかります。 この部分を放置致しますと後々お品物が破損してしまう可能性がありますので、夢仕立では仕上げと共にこれらの瑕疵部分を補修致します。 つまり、夢仕立で仕上げを行った品物は、その時点での最高の耐久性を持つお品物になるということです。

夢仕立でも当初はこの部分を別々に分けて考えておりました。 しかしこれらの瑕疵は加工途中や熱を加えて初めて発見出来る場合が多く、手を入れるまで見つけることができません。 補修を行うためには決してお安くはない金額の材料費や人件費等が別に掛かります。 しかしこの補修を行うための代金を頂いておりませんので、結果的には仕上げを終了した後で納品の際にお客様に瑕疵のお話しをせざるを得ませんでした。

そのときは仕上げのご依頼しか承っていなくても、瑕疵部分のお話しはお客様にお伝えしなければいけないことです。 しかし後から瑕疵部分のお安くはない補修のお話しをしなければならないのは、あまり良いことではないと私達は考えました。

そこで仕上げの基本料金を、ある程度の補修を見込んだ料金に設定することに致しました。 その為、夢仕立では余程の大きな瑕疵ではない限り、仕上げの際にできる限りの全ての補修を施しております。 もちろん時間もコストもかかり、中には料金ギリギリになってしまうものもあります。 しかしそれでも一度私達の手を通過したお品物を、「今できる限り最高の状態に仕上げたい」という強い思いから現在の設定で仕上げを行っております。

中にはとても加工が難しく、販売店でも断られたお品物も多数持ち込まれることがあります。 それでも夢仕立では蓄積された技術と知恵を使い、できる限りの力で対応をさせていただいております。 そしてそんな夢仕立の宝石・宝飾品に対する考え方にご納得頂きました沢山のお客様に支えられて、加工を行ってくることができました。 ご理解頂ければ幸いです。



仕上げ直し、修理の実例

ダイヤモンドリング 仕上げ直し前

Before

ダイヤモンドリング 仕上げ直し後

After

ダイヤモンドリングの新品仕上げ

ご愛用のリングだけ合ってかなり汚れております。又、キズも多く見られます。表面を磨き、爪を点検しました。 しかし、表面の色むらが多少目立ちましたので、メッキをかけて最終仕上げといたしました。 新品仕上げの場合、研磨で除去できない金属の色むらや、ロー目などが目立つ場合には、基本的に仕上げメッキをし、 少しでも目立たないようにして、最終仕上げと致します。


プラチナリングの変形修理と新品仕上げ 仕上げ直し前

Before

プラチナリングの変形修理と新品仕上げ 仕上げ直し後

After

プラチナリングの変形修理と新品仕上げ

茨城県からお越しのY様。長年のご使用により、変形してしまいました。 これはお品物の作りが悪いということではなく、どんなに良いものでもそのお品物の強度の限界を超えて力が加わればこのように変形いたします。 お持ち込み頂きましたお品物は、元の状態に復元可能なものでした。さらに新品仕上げを行い、ピカピカに仕上がりました。


K18オパールペンダント 仕上げ直し前

Before

K18オパールペンダント 仕上げ直し後

After

K18オパールペンダントの新品仕上げ

横浜市からお越しのT様。長い間お使いになっていなかったそうで、K18が変色しておりました。 オパールはの新品仕上げの際に石外しをしなければなりません。 お預かりの際のお品物と比較致しますと新品の様に仕上がりました。


繊細なチェーン 仕上げ直し前

Before

繊細なチェーン 仕上げ直し後

After

繊細なチェーンの新品仕上げ

チェーンの新品仕上げを行いました。繊細なチェーンなので過度な仕上げはできませんが、 少し仕上げてロジウムメッキをかけ直すと、とても綺麗になります。


金メッキの掛け直し 仕上げ直し前

Before

金メッキの掛け直し 仕上げ直し後

After

石を外してk18メッキのかけ直し

新品仕上げを行いました。 洗浄を行い、石を外してk18メッキをかけ直すと、とても綺麗になります。


K18製のチェーンとペンダント 仕上げ直し前

Before

K18製のチェーンとペンダント 仕上げ直し後

After

K18製のチェーンとペンダントの酸化皮膜除去 特殊洗浄

中央区からお越しのO様です。K18製のチェーンとペンダントをお持ちになりました。 久しぶりに使用しようと思ったところ、金の色がくすんで変色していることに気がついたそうです。 とても驚いてお持ちになられたそうですが、きちんと元に戻るかどうか不安だったそうです。

金はこのように経年で酸化皮膜が表面につきます。 この酸化皮膜は、実は金の分子間に入っていた油分が経年と共に表面に出てきて酸化したものです。 表面についているだけなので、洗浄すれば取れるのですが、金の組織にがっちり皮膜がついてしまっているので、通常の洗浄では落ちません。 イオン分解を行う特殊洗浄でなければ落ちませんので、店頭の特殊洗浄で落ちない場合は工房の特殊洗浄を行います。 さらにK18メッキを表面に施すと、酸化皮膜がつきにくくなります。

今回は新品仕上げも行いましたので、出来上がりは本当に新品同様になり、お客様も大変お喜びになられていらっしゃいました。 私たちの間では当たり前のこの酸化皮膜も、「金が酸化してしまってもう使えないのではないかと思った」と仰られるお客様は以外に大勢いらっしゃいます。 もしお手持ちの金製品がこのような状態になっても、慌てずにご相談くださいませ。


祖母の形見リング 仕上げ直し前

Before

祖母の形見リング 仕上げ直し後

After

思い出深い祖母の形見リングの新品仕上げ

所沢市からお越しのT様です。祖母の形見リングをお持ちになりました。 思い出深いリングなので、出来て場そのまま使いたいのですが、何しろ汚れているので何とかなりませんか?とのことです。 拝見したところ確かに汚れており、金属表面は小キズだらけでした。 ただ石はキズも無く、色もきれいでしたので、新品仕上げをお勧めいたしました。 仕上げだけで綺麗になるのですか?と半信半疑でしたが、出来上がってみてお客様はビックリされておられました。 「夢仕立工房」では新品仕上げも承っております。やり方しだいでかなり綺麗に変身する場合も多いのです。


K18のダイヤモンピアス 仕上げ直し前

Before

K18のダイヤモンピアス 仕上げ直し後

After

K18のダイヤモンピアスの新品仕上げ

江戸川区からお越しのM様です。お友達が以前「夢仕立工房」で加工してももらってすごくよかったのでいきなさいと進められて来ましたとのことです。 当工房を推薦していただいたお友達、ありがとうございます。お持ちいただいたものはK18のダイヤモンピアス2セットです。 全体が汚れているのと金具が痛んでいるので修理してくださいとのことです。そこで、金具の交換と新品仕上げをすることにいたしました。 写真の用に新品と見間違うばかりの変身にお客様は喜んでおられました。


プラチナ台のアレキサンドライトリング 仕上げ直し前

Before

プラチナ台のアレキサンドライトリング 仕上げ直し後

After

プラチナ台のアレキサンドライトリングの新品仕上げ

墨田区からお越しのM様です。気に入っていつもつけているので、キズが沢山ついてしまった。きれいにできますか?とのご相談です。 拝見いたしましたところ、表面のキズは多いのですが、きちんとした造りで、爪もしっかりと留まっておりましたので、新品仕上げのみを行うことをお勧めいたしました。 写真の様にきれいになりました。 アレキサンドライトですので、写真のように光源によって色が変わります。


ダイヤモンドペンダント 仕上げ直し前

Before

ダイヤモンドペンダント 仕上げ直し後

After

ダイヤモンドペンダントの新品仕上げ

文京区からお越しのS様です。お気に入りのダイヤモンドペンダントをお持ちになりました。 気に入っているのですが、汚れがひどいので新品仕上げしたいとのご希望です。 ダイヤモンドはこの世の中で一番硬い鉱物ですので、石を一旦外して手を加える他の石と異なり、新品仕上げも比較的楽に出来ます。 ただし、研磨の作業が入りますので、爪などが弱っている場合は注意が必要です。 今回は爪もシッカリ残っておりましたので、写真のように綺麗なりました。お客様もあまりの変わりようにビックリしておられました。


ダイヤモンドV字リング 仕上げ直し前

Before

ダイヤモンドV字リング 仕上げ直し後

After

PT台のダイヤモンドV字リング

昔立て爪リングと組み合わせてよく付けていたものだそうです。 確かに以前は立て爪との組み合わせでV字リングは人気の商品でした。 マーキズカットのダイヤモンドもずいぶんと人気がありました。 使いたいと思いタンスから出してきたのですが、すっかり古びた感じなので、仕上げ直し出来ないものかと思い来ましたとのことです。 拝見しましたところ、全面に小キズが着いており爪も一部浮いているものがありました。 ずいぶんお気に入りのリングだったのが伺い知れます。これらの小キズを除去して、爪も押さえなおす新品仕上げをいたしました。 新品と見間違うほどの出来栄えにお客様もビックリしておられました。


サファイヤリング 仕上げ直し前

Before

サファイヤリング 仕上げ直し後

After

サファイヤリングの新品仕上げ

船橋市からお越しのH様です。9金のサファイヤリングです。 「デザインは気に入っているのですがなにか古びた色合いになってしまったので、新しい輝きが取り戻せないかかと思いたずねてきました」とのことです。 金は不純物として銀や銅を混ぜます。18斤の場合75%が金です。9金ですと37.5%が金です。 金は酸化しませんが、銅や銀は酸化や硫化しますのでどうしても経時変化とともに色が変わってきます。


コンビリング 仕上げ直し前

Before

コンビリング 仕上げ直し後

After

コンビリング 新品仕上げ

江戸川区のY様からのご依頼品です。シルバーのリングが変色してしまったので修理して欲しいというご相談を承りました。拝見いたしますと、変色したり、一部は腐食しておりました。お客様の中にはこのような状態のお品物の場合「メッキをかけて下さい」と仰られる方もいらっしゃいますが、このままの状態ではメッキをかけることが出来ません。メッキは下地を綺麗に整えなければ綺麗に仕上げることができません。全体を磨いて綺麗な滑らかな下地を作る必要があります。

更に、今回お持込のリングは1本のシルバー製リングを2つに分割するように異なる色のメッキを施したリングでした。片側は金メッキ、もう片側はロジウムメッキが施されております。色の異なるメッキをする場合、一部をマスキングして挿しメッキをする必要があります。

挿しメッキはマスキングに時間がかかりますので通常のメッキに比べると工賃が高額となります。しかし仕上がりは綺麗に出来上がりますので、お客様にも喜んでいただけました。


K18のサンゴリングとホワイトゴールドのサファイヤリングの修理と新品仕上げ前

Before

K18のサンゴリングとホワイトゴールドのサファイヤリングの修理と新品仕上げ後

After

K18のサンゴリングとホワイトゴールドのサファイヤリングの修理と新品仕上げ

東京都国立市からお越しのM様のご依頼品です。お客様によると指のところがチクチクと痛いとのことですので拝見いたしますと、地金が少し捲れてしまっていました。 リングの腕の内側の地金を抜いている形状のリングでしたので、慎重に修理をしないと変形したり潰れたりしてしまうので、時間をかけながら丁寧に仕上げをいたしました。仕上がりはよくできましたので、お客様にも大変ご満足をいただきました。


トパーズの指輪 仕上げ直し前

Before

トパーズの指輪 仕上げ直し後

After

トパーズの指輪の新品仕上げ

東京都中野区のT様のご依頼品です。大好きなトパーズの指輪が傷だらけになってしまったというご相談でいらっしゃいました。拝見いたしますと、よく使用なされていた為に、地金部分にかなり傷が入っており、つや消しのようになっていました。

この石は実は「シトリン」という黄水晶で、日本ではトパーズと誤認なされている方も多いのですが、トパーズとシトリンは全く別の宝石です。日本ではシトリンとトパーズを混同して販売していた時期がありましたので、そのことが一因となり、誤認するかたがいらっしゃるようになってしまいました。

そして、今回お預かりいたしましたシトリンはクォーツですので硬度は7です。比較的スクラッチに弱い宝石ですので、強めに地金を研磨しなければならない今回の修理の場合はあらかじめシトリンを外しておいた方が良いと判断し、石外しを行ってから仕上げました。 爪もまだ耐久性があるようでしたが再度留められるように慎重に外し、仕上がったお品物は新品同様となりました。大好きなリングがまた元のように戻ってお客様も大満足でした。


マリッジリング 仕上げ直し前

Before

マリッジリング 仕上げ直し後

After

マリッジリングの新品仕上げ

飯能市からお越しのM様からのご依頼品です。以前夢仕立で仕上げ直しをご依頼いただいたお客様からのご紹介で、同じく新品仕上げのご相談でご来店をいただきました。お持ち込みになられたのはマリッジリングですが、大小かなりの数の傷が入っており通常の仕上げを行ってしまうと地金が痩せてしまうことが予想されました。

通常の仕上げは素早く行うために表面をわずかに研磨するのですが、研磨の深さは傷の深さに比例しますので、深い傷の入った品物の場合は本体自体を削りすぎてしまうため、小さくなってしまいます。お持ち込みのリングもそのようになってしまうことが予想されましたので、「ヘラ押し仕上げ」をお勧めしました。このヘラ押し仕上げは地金を削らずに押し込みながら地金をずらして仕上げる方法です。

地金は力を加えることである程度ずらすことが可能です。 その性質を利用して傷を埋め込んでいくと、綺麗に仕上げることができます。 しかしこれは全て手作業で行わなければならないので、時間と工賃が比較的高額となります。 そのことをお話し致しましたところ、今回はヘラ押し仕上げで行うということでご了解をいただきました。 仕上がり具合もリングがほとんど痩せることなく新品同様になりましたので、お客様にも大変ご満足をいただきました。


変形修理と新品仕上げ前

Before

変形修理と新品仕上げ後

After

変形修理と新品仕上げ

以前夢仕立でリングアームの部分を太くするように加工をしたお品物ですが、お客様が点灯してしまった際にリングに傷がついてしまったそうです。 幸いお客様自身にもけがはなく、リングも変形することはなかったのですが外側に大きな傷がついてしまったとのことで、新品仕上げのご相談にいらっしゃいました。 比較的大きな傷でしたのでそのまま研磨してしまうとせっかく太く作ったリングアームが痩せてしまいます。 そこで鍛金技法による仕上げを行ってから研磨することにしました。 この方法は手間もコストもかかってしまいますが地金をほとんど痩せることなく仕上げることができますので、今回はこの手法にて仕上げることにいたしました。 仕上がりも以前の新品同様に仕上がり、お客様も大変満足していらっしゃいました。p>


ダイヤモンド印台リングの新品仕上げ前

Before

ダイヤモンド印台リングの新品仕上げ後

After

ダイヤモンド印台リングの新品仕上げ

横浜市の森様。長年ご愛用のダイヤモンド印台リングの新品仕上げです。 ほとんど外したことは無いとのことで、全面傷がたくさんついておりました。 中には深いキズもあります。いきなり研磨をしますと地金だけが痩せてキズは残ったままになりますので、 綺麗に洗浄してヘラで深いキズを均してから研磨を致します。それでも深すぎるキズは多少なりとも残ります。


ダイヤモンドペンダント 仕上げ直し前

Before

ダイヤモンドペンダント 仕上げ直し後

After

ダイヤモンドペンダントの新品仕上げ

大田区からお越しのK様です。ダイヤモンドペンダントをお持ちになりました。 長年使っているので、キズだらけになってしまったのですがなんとかなりませんか?とのことでお越しになりました。 確かにキズだらけです。深いキズをとるためにはヘラ押しで埋める必要があります。 手間はかかりますが地金の減りが少なく仕上がりも綺麗です。 完全にはとれませんが写真の様な出来栄えにお客様も喜んでおられました。


アクセサリー、ジュエリーの修理サービス

  • リング サイズ直し
  • 石の取れてしまったジュエリーの修理
  • ネックレス 修理
  • 金具交換
  • 新品、仕上げ直し
  • ブランド品の修理
  • パールネックレスの糸かえ
  • ネックレスのチェーンを長くしたい
  • その他、修理の実例

安心の保険適用、日本で唯一ジュエリーの保険補償が可能なのは夢仕立だけ
お客様への保険料のご負担は一切ございません。

夢仕立はお客様のご予算に合わせた提案を第一に考えます。

豪華で素晴らしいデザインでも、お客様のご予算とかけ離れていては作る事は出来ません。
ご予算どおりでも、お客様のイメージとは違うジュエリーでは全く意味はありません。
「夢仕立」のジュエリーリフォームは、品質は落とさずに代金を抑える様々な方法があります。
あらゆる方法にて、ご予算とイメージにご満足頂けるご提案を致します。

お客様のイメージする「こういうジュエリーが欲しい」というお話を、お聞かせ下さい。

お電話でのご相談

TEL 03-6263-0300

TEL:03-6263-0300

メールでのご相談

ご来店でのご相談

夢仕立フェア